タンポポの綿毛とお出掛けペンダント

風に吹かれて舞う綿毛。

思わずフゥって飛ばしたたんぽぽの綿毛。

あのとき感じた風を、自然を、そっと集めて持ち歩こう。

風に揺られて旅をするタンポポの綿毛をひとつ、ガラスの瓶に閉じ込めました。

これから一緒に、いろいろな場所へ出掛けてみませんか?

なぜタンポポの綿毛を入れてみようと思ったのか。。

綿毛って、見ているだけでワクワクしませんか?

子どもの頃に戻った気分。

今でも綿毛となったタンポポをみるとフゥーってやっちゃいます。

風に乗ってどこまで飛んでいくのだろう~?と、冒険心みたいのをくすぐられてワクワクします。

綿毛は植物の種。

種を遠くまで飛ばしたいから、植物はそよそよと風に長いこと乗っかれるように、ふわふわとした綿を種につけました。

自分の子どもを遠くまで、沢山飛ばしたいっ!

そんな気持ちも、当たり前に植物には備わっている。

自然ってすごいなぁ。

そんな綿毛…タンポポの種を身につけて、一緒に出掛けよう!あちこち旅にでよう!

それってなんかワクワクする!

ってことで誕生しました、collectです♪

種を樹脂に入れちゃって、これじゃ咲けない?とも感じるかもしれませんが…それがたとえ"種"という姿のままであっても、あちこち行きたいという気持ちなのではないかな、と。

だから身につけて一緒にいろんな世界へ出掛けて欲しい。

アクセサリーを意識するってかなかなかないことかもしれません。

でも、身につけた私たちもなんかワクワクする要素がcollectにはある気がします。

植物を感じて、一緒にワクワクして出掛けるってなんだか素敵。

そんな想いもこもってます。

私も一緒にあちこち行くです♪


web shop

minne
iichi
creema


制作過程はとても実験的。笑

ひとつひとつ、綿毛を樹脂に入れて行きます。

どんな感じに気泡が入るかもわからない。

それもまた、楽しい。

栓はナイフで削っています。
コルクではないですよ。笑
削り出されたライン。
それをいかすのもまた、いいかな◎

樹脂に綿毛を入れて、24時間以上放置したら、削り出した栓でフタをしてまた接着。

この接着材、以前とは違うものに変えました。(2016年以降)

以前のものは経年変化で肉やせを起こす可能性があるみたいで…。


以前購入された方で、取れてしまった…などありましたら、お手数ですがご連絡ください。


0コメント

  • 1000 / 1000